チーム競技であるサッカーでは、パスを上手に通すことが大変重要です。パスの通りが試合を左右すると表現しても過言ではありません。各個人のテクニックは当然、大切なのですが、テクニックで言えばパスを通すこともとっても重要なテクニックだと言えます。パス練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)は相手あってこそのものです。ひとりでの練習ができないため、クラブや所属団体の練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)など決められた状況でなければ練習ができません。ですから、練習できるチャンスがあれば優先してパス練習をしたいものです。パス練習は、まず近距離からはじめていきます。ともかく確実にパスを通すことが目標です。近距離である程度の正確性が得られたら、段々に距離を伸ばして練習(コツコツと毎日積み重ねることが、最も上達を早くします)しましょう。また、自分がパスを送るばかりとは限りません。チームメイトからのパスを受けとる事が出来なければ試合では有利に進みないでしょうから、パスを受け取る練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)も必要ですね。むしろ、パスを出すより受け取るほうが技術的には高度と言えるでしょう。相手の送ったパスが必ずしも自分に都合の良い所に来るとは限らないのですから、そのパスを自分が蹴りやすいようにコントロール(失うと時に大惨事になってしまうこともあるでしょう)するトラップ練習も欠かせません。トラップ練習は場合によっては狭い場所や一人練習も可能ですので、できるだけテクニック(方法や技術といった意味で使われている言葉ですね)を磨きたいだといえると思います。本番では敵チームが邪魔に入りますから、自分達の思い通りにはいきません。個人技テクニックだけではなく、実践練習も非常に重要なと言うことですねー